自動車保険について

治療院で交通事故でのケガ(むち打ちなど)の治療ができることをご存知ですか?

交通事故でのケガは自賠責保険で治療費が支払われます。

自賠責保険とは

自動車・原動付自転車を運転する際に必ず加入しなければならない保険のことで、強制保険とも言われています。

この自賠責保険は、自動車事故の被害者救済を第一の目的としており、対人賠償に限られています。
対人とは、ケガをした運転手と同乗者、あるいは歩行者などをいいます。

自賠責保険の補償内容

自賠責保険では、限度額はあるもののさまざまな損害賠償補償があります。

  • 慰謝料(原則1日通院あたり4200円)
  • 治療費(※整骨院での柔道整復術も対象)
  • 仕事や家事に支障が出た場合の休業補償
  • 文書料(診断書などの書類関係など)
  • 通院交通費
  • 後遺障害など

自賠責保険と任意保険の主な違い

自賠責保険と任意保険の主な違いは、法律上加入が強制されているかどうかのほかに次のような違いがあります。

 自賠責保険は、自動車の運転によって他の人をケガをさせた人身事故のみであり、車の修理代などの物損事故などは保険対象となりません。

任意保険の場合は、加入する保険の種類によって人身事故だけでなく物損事故や自損事故も対象になります。
 自賠責保険は死傷した被害者の損害について最低限の補償をするものであり、支払われる保険の金額には上限があります。(例・・・死亡による損害は3000万円、傷害は120万円。)

一方、任意保険の場合は、加入する保険の契約内容によって限度額が決まってきます。
 自賠責保険は、保険会社が加害者に代わって示談交渉をする示談代行制度がありません。


  交通事故の場合、被害者にも過失がある場合が多くあります。この場合、加害者の賠償額は、被害者の過失の割合に応じて被害者の損害額から減額して算定することになります。そこで任意保険では過失割合によって支払い金額に影響することから過失の割合を厳格にみる傾向があります。

しかし、自賠責保険は被害者救済を目的とすることから被害者に重大な過失があった場合にのみ一定の割合で減額する扱いを取っています。
  任意保険の約款では、保険会社の保険金の支払い義務を免れる免責事由が多くありますが、自賠責保険では免事由が重複契約を除き、保険契約者または被保険者の悪意によって生じた損害についてのみとされています。

なお、加害者が悪意の場合であっても、被害者は自賠責保険会社に対する直接請求権を行使することはできます。

自賠責保険と任意保険の関係

人身事故が起きた場合、自賠責保険によって被害者の損害が最低限度補償されています。
しかし、自賠責保険ではまかなえない損害がある場合に超過額を補償するのが任意保険(対人賠償保険)なのです。
つまり、任意保険は自賠責保険の上積み保険なのです。

自賠責保険の請求パターン

加害者が保険金を請求する方法です。
    この方法は、自賠責保険に加入している加害者が被害者の損害賠償金を支払ったうえで、その実際に支払った限度で、自賠責保険会社に対し、領収書その他必要書類を添えて保険金を請求する方法です。
    被害者が直接請求する方法です。
    この方法は、被害者が加害者の加入している自賠責保険に対し、必要書類を添えて、直接損害賠償金の支払いを請求する方法です。
    加害者が任意保険の対人賠償保険に加入している場合、被害者の請求手続きの負担を減らすため、任意保険会社が窓口となり被害者に対して自賠責保険の支払い分もまとめて支払う一括払い制度があります。

交通事故 治療 むち打ち 札幌 中央区
札幌 中央区 交通事故治療 むち打ち治療
交通事故治療 札幌 中央区 むち打ち治療
むち打ち治療 札幌 中央区 交通事故治療

携帯サイトはコチラ

ホール治療院オフィシャルサイト

http://www.whole404.com

三新会 札幌交通事故治療センター

http://www.sansingroup.com/

むち打ち相談>札幌交通事故治療ナビ

http://www.sapporojiko.info/

札幌交通事故治療院

http://www.s5225.com